女性

メンタルヘルスチェックで前もってうつ病を予防しよう

寄り添う大切さ

医師とナース

うつ病患者には注意して接する必要があります。これらの注意点をチェックしておくことでうつ病患者の治療にも繋がるのです。もし身の回りの方や身内、会社の同僚などがうつ病になりかけているのであれば、そのサインをしっかりとチェックしておき見逃さないようにしましょう。今や、うつ病は特別な病気ではなく、誰しもがうつ病になってしまう可能性があるのです。身内の方や家族がもし、うつ病を患ってしまっても偏見はもたずにしっかりと接していく必要性があります。まずうつ病を患ってしまった場合は周りの方々がこの病気のチェックポイントを理解しておきましょう。見た目の変化も現れることもありますが、なったばかりの状態は、普段生活をしていた今までの状態となんら変わりがないです。風邪やケガといった病気とは違うことを理解したうえで、ゆっくり時間をかけサポートをしていきながら治療を行っていくことが大切なことです。そのほかにも、急に自分の知っている人がうつ病になったからといって、冷静さを失ってはいけません。普段と接し方が変わってしまうだけでも、病を患っている本人には大きなダメージになってしまうことがあるためです。いつもと同じように接することを心がけましょう。うつ病になると心情の変化から、なかなか自分から話をしなくなってしまうことがあります。また気分が落ち込んでいる状態のため、話す内容も以前と比べ、ネガティブで暗い話をしてしまいがちです。こういった話もしっかり受け止めてあげることで初めは重く暗かった話から、徐々に変化が見られ明るいことを話すことに繋がっていきます。重要なチェックポイントとして会話を交わすことは人と繋がりを持っていることを実感できるものになりますので、しっかりとコミュニケーションを取ることも大事な部分です。

ここで注意しておきたい部分ですが、うつ病を患っている本人は当然辛いものになりますが、サポートをする周りの方々も自分の責任として重くことを受け止めてしまい共倒れになってしまうことです。自分の責任だからこうなってしまった、といったことは考えずに不安になることや負担として大きな部分はいろんな方を頼りましょう。身内や家族内で患っている方がいる場合はひとりで抱え込んでしまうことが多くなってしまいます。毎日、顔をあわせサポートをするのは精神的にも肉体的にもやはり大きな負担になります。この負担をひとりで抱え込んでしまうとサポート側もうつ病になりかねないので、うつ病患者を抱えているもの同士でのコミュニティーに参加すると互いに気持ちを分かち合うことができるので気持ちが楽になるでしょう。