女性

メンタルヘルスチェックで前もってうつ病を予防しよう

介護の疲れ

婦人

数多くのストレスを抱えた現代社会ですが、このストレス社会として問題になっているチェックすべき部分がいくつかあります。今の日本では子供の数が少なく、老人の数の方が多い少子高齢化とよばれる状態になっています。団塊世代とよばれた方々も歳を取っていて、今では老人になっているのです。こういった世代の移り変わりから問題となっている少子高齢化における介護問題も深刻な問題といえるでしょう。様々な介護施設が存在しており、入居においてチェックすべきポイントもありますが、自分の育ての親を施設に預けることに抵抗があって自宅で介護をする方もいます。自宅介護の場合は同居人である方の手助けが必要になるのですが、介護疲れによりうつ病になってしまうことが多いのです。こういった介護疲れによるうつ病は介護者である同居人に過度なストレスがかかることで引きおこされるものになります。介護施設に預けることに抵抗があり、自宅介護を選んだとしても介護者である同居人がうつ病になってしまっては意味がありません。もし、施設ではなく自宅でということであればデイサービスといったものもあるのでそちらを利用するといいです。そうすることより心配ごとも減りストレスが軽減されるためうつ病にもならないといえるでしょう。

介護以外でも目立っているストレス問題として、仕事の上司と部下といった関係からくるパワーハラスメント問題もチェックしておくべき部分といえます。新しく会社に入社し、様々な業務を覚えていかなければならない新人としての立場は、単純に業務の面でもストレスが大きなものになります。そこに追い打ちをかけるようにして、上司の立場を利用し必要のない業務を押し付けたり、本来の担当するべき業務ではないものまで任せてきて、わざと厳しいチェックをして嫌がらせをするようなパワーハラスメントということもあります。こういったパワーハラスメントから心身ともに疲れ果て、うつ病になってしまうことがあるのです。現代の日本にはたくさんのストレスが存在していることがこれらの事柄からわかるように、うつ病のような心の病を患ってしまう方々がいるのです。日本社会では心療内科という言葉に馴染みがなく、偏見をもった方々も少なくともいます。欧米ではメンタルヘルスケアという分野で昔から数多くの人を診療しており、偏見や差別というものも日本社会に比べると少ないといえるでしょう。欧米のように偏見などをもたず、心療内科に通い日々の心の健康管理をすることが大事なことといえます。